田舎での子供の教育。デメリットは進学先の少なさと通学の不便さ

田舎での子供の教育。デメリットは進学先の少なさと通学の不便さ 移住・田舎暮らし

田舎の子供の教育について。

中学校までは、田舎でも子供の教育に関して、デメリットはそれほど感じないと思います。

 

私の子供は小学2年生・4年生・保育園児ですが、今のところデメリットは感じたことがありません。

※幼稚園は隣の市にしかありません。

 

私の住んでいる「田舎」は、待機児童はいないと言っていいんじゃないかと。

ここは3人目の子供から保育料が無料です。それが理由なのか?3人以上子供がいるご家庭が多いですよ。

田舎暮らしのメリットでもよく言われる「自然たっぷりの環境で子育てができる」というのもバッチリだと思います。

 

ただ、子供が高校生くらいになると、子供の教育に関してデメリットが出てくるのかなぁ~っと思います。

それは「進学先の選択肢の少なさ」と「通学の不便さ」です。

スポンサーリンク

田舎の子供教育。「田舎ならでは」の良いところは?

ここでは保育園から土いじりに親しんでいます。畑で野菜やスイカなんかを栽培して収穫して食べたりしていますね。

保育園の近くに広くて綺麗でよく整備された公園や川があるので、そこで遊んだりしています。自然がいっぱいでいいですね。

近所の公園の川

近所の公園の川

 

小学校で「これは田舎ならではでいいな!」と思ったのは、小学校の授業(4年生)でニジマスを飼育に挑戦していることです。

ニジマスの池

夏休みは、クラスの子供達交代でニジマス池の清掃や餌やりをしていました。 

使われていなかった池を子供たちが綺麗に整備して、水路からを入れそこでニジマスの飼育をしています。

水のきれいな「田舎ならではの体験教育」だなぁっと感心しました。ニジマス飼育って、なかなかできないよなぁって。

 

あとは、小学生は毎年学校の裏にある田んぼでお米を育てています。田植えや稲刈りは恒例行事。

自然豊かな「田舎じゃないとできない事」だと感じました。

 

また、小学校では「スキルアップ教室」という名の算数や英語の課外教室があったり、夏休みにはプログラミング教室もありました。

課外活動もやってくださってますし、地元の有志の方々が子供向けにイベントなども開いてくださってます。

参加すれば子供の教育にもいいこと間違いなしですが、私の子供たちはあんまり参加してません…^^;

子供の数が少ないのはデメリットでありメリットでもある?!

この村には小学校は1校だけで、2クラスある学年もありますが、1クラスしかない学年もあります。

(※昔は3校あったが、統合した)

1クラスしかない場合、保育園から中学校を卒業するまでずーーーーーっと同じ友達。クラス替えは当然なしです。

10年以上も同じクラスメイト…これもどうなのか?っと思いましたが、神奈川県に住む弟夫婦が来た時に、奥さんがこんな話をしていました。

1クラス20人なんていいですねぇ。

息子が通ってる小学校がマンモス校で、1クラス40人なんですよー。

人数が多すぎて(先生に子供を)ちゃんと見てもらてえない気がするんですよねぇ。

都会のニュータウンで新築がたくさん建ち、若い夫婦が多く子供の人数がとても多い地域のようです。

そっかぁ、田舎は子供の人数が少ないのがデメリットだと思っていたけど、子供の人数が多くてもそれなりにデメリットってあるだね。

 

あと、

こっちはクラスの子供のほとんどが塾通いで、勉強は塾で教えてもらって、学校は社会勉強に来るだけっていう感じなんですよ。

え?都会ってそんなみんな塾行ってるの?

たしか甥っ子は当時1年生か2年生。1,2年生でも塾通ってる子供がほとんどって?

もしそうだとしたら、田舎の子供達はのんびりしてるかも知れません。

 

「のんびりしている」のが子供の教育に関していいのかどうか分かりませんが、私は小学生のうちくらい塾通いなんてせず、遊んだらいいのになぁっと思います。

 

田舎の自然がいっぱいで、のびのびした環境は子供にとってはメリットかなと感じています。

ただ、自然がいっぱいあるからといっては子供たちは野山を駆け回って遊んだり…はしていません。

田舎に住んでいる子供でも、テレビゲームで遊んでいる子供が多いです。

「田舎の子供はたくましい」というのは特にありません。人によると思います。

都会で育ってもたくましい子はたくましいですし、田舎暮らしでも軟弱な子供は軟弱ですよ~。

田舎暮らしで子供の教育に関する1番のデメリットは「進学先の選択肢が少ない」「高校への通学が不便」

長男(小学生)がサッカーをやっていて、チームメイトのお母さん、お父さんとお話する機会があります。

中学生、高校生の子供を持つママパパもいます。

受験や通学の話をたまに聞きますが、都会と比較した田舎のデメリットは「進学先の少なさ」と「高校の通学の不便さ」なんじゃないかな?っと感じます。

スポンサーリンク

高校イメージ

進学先(高校)の選択肢が少ない

進学先(高校)が少ないんです、選択肢が少ないかも。

私が住んでいる地域から、自転車でムリなく通える範囲にある高校は2校です。

ここから親の送迎なしで、通学に時間をかけずに高校に通いたいなら、2校のうちどちらかを選ぶしかないです。

一つは農業高校、もう一つは普通科やスポーツ科がある高校です。

 

田舎で自転車で通える範囲に高校が2校もあるのは、恵まれている?!かもしれませんが、都会と比べたら少ないです。

 

もちろんバスや電車を使って、通える高校ならもっとあります。

ただ、バスも電車も不便です。

他の学校を選ぶと通学に時間がかかり過ぎるからか?地元愛が強いのか?欲がないからなのか?自宅から難なく通えるこの2校高校に通う子供が多いようです。

私が高校生だったら、やっぱり近くて通いやすい高校を選びますが…。

 

「進学先の選択肢が少ない」というのは、田舎暮らしの「子供教育のデメリット」かもしれませんね。どちらかと言えば選択肢は多い方がいいですよね。

高校への通学が不便

「田舎暮らしのデメリット」でもちょっと書きましたが、

田舎暮らし(地方移住)のデメリット?長野に移住して感じたデメリット!
田舎暮らし(地方移住)のデメリットって何でしょうか?長野に移住して感じている「ここはデメリットじゃないかな?」というのを挙げてみます。

田舎は公共交通機関が不便です。特にバス。

バスや電車の本数が極端に少ない。1時間に1本あればいい方。通勤通学に時間はそれなりに増えるかも知れませんがそれでも少ないかも。

あと、料金が高いです。(特にバスと地方電鉄)

バス通学するつもりで高校を選んでも、実際に通ってみるととても不便で、結局「親が送迎」になってしまうケースがあるみたい。(お嬢さんが高校生のお父さん談)

子供の為とはいえ「3年間毎日」となると、親にとってもかなり負担ですよね。

少なくとも、私は負担に思います^^;

大学は下宿になる可能性が高いです

もし、子供が大学に進学して「学費+下宿代」これがのしかかってくると思うと…デメリット?

お金の問題は親のデメリットで、子供には関係ないのですが。

 

今の時代、田舎だからって情報が少ないわけでもありませんし、本人に「勉強したい」という気持ちがあれば、どんなところでも進学できると思います。

あ、でもやっぱりお金は必要だね…

奨学金という手段もあるか。

でも、子供に借金背負わすのも…

なんて悶々と考えます。学費の問題は田舎でも都会でもきっと同じですよね。

田舎に塾ってあるの?

学習塾

田舎にも塾はあります。(あたりまえ?)

 

隣り町にCMで流れているような有名な塾や、その他にも学習塾があります。

お友達のお嬢さんは高校進学のために、隣り町の塾に通っています。

 

私が住んでいる村には、今まで学習塾がなかったんですが、最近、大きな学習塾が建ったんです。(中学生までが対象の塾)

とても大きく立派な建物で、驚きました。

しかも、この学習塾、学費も比較的安いんですよね。良心的。

 

まだ、この「塾」はできたばかりで「口コミ」は聞こえてきませんが、評判がよかったら、いずれ子供達もお世話になるかもなぁって思います。

地元の農業高校について

ここから自転車で通える数少ない高校、地元の「農業高校」のことです。

 

ママ友達のお嬢さんが、高校受験をひかえています。

地元の農業高校に体験入学に行ったそうなので話を聞いてみました。

中学校では、地元高校に体験入学に行かせてもらえるようです。

 

娘さんの感想は?

ママ友:「それがさぁ『ゼリー作っただけだよ!』なんて言ってたよ~。(苦笑)」

ママ友:「(地元の農業高校は)資格がたくさん取れるし、先生も親身になって生徒の事をみてくれるらしいし、合う人には合う(良い)高校なんだけど、うちの娘みたいのには向かないねぇ~」

と。

農業とか畜産とか林業とかに興味ない人は、ちと向かない高校かも。そりゃそうか。

 

この農業高校は、1学年で生徒数は60人くらいですから、生徒たちを親身に見てくれそうです。

令和元年度で大学進学したのは5名、専門専修学校などへ進学は25名だそう。

合計30名ほどが進学。

就職は35名ほどだそうです。

【地元の農業高校で取得できる資格】
・毒物劇物取扱者試験
・危険物取扱者試験
・日本語ワープロ検定
・情報処理技能検定(表計算)
・日本農業技術検定3級
・食の検定
・玉掛け技能講習
・⾞両系建設機械運転技能講習
・小型移動式クレーン運転技能講習
・フォークリフト運転技能講習
・高所作業⾞運転技能講習
・ローラーの運転業務特別教育
・伐木等の業務特別教育
・刈払機取扱作業者安全衛生教育
・実用英語技能検定
・実用数学技能検定
・日本漢字能⼒検定
(参考元:本校で取得可能な資格について)

取得できる資格を見てみると、大学進学とかより就職に強そうな学校ですね。

 

授業内容を見てみると、農業、林業、食品分野に興味がある人にはすっごく楽しそうです。牛や豚もいるみたいですね。

私は普通科でしたが、普通科より楽しそうだなぁ。(私的意見)

 

しかしこの農業高校、生徒数の問題なのか?存続の危機らしい…

この高校をなくしてしまうと、高校への通学が困難になってしまう地域もあります。

隣りの市にある高校と統合するとかしないとか、協議中のようです。今後どうなるのでしょうか?

 

私が住んでる地域は、田舎ですが、ド田舎と比べればまだ交通の便が良いのです。

ここよりもっと奥地(ド田舎)へ行くと、小学校、中学校までは良くても、高校に進学すると毎日送迎(親の負担)が必要な可能性が高いです。

田舎は進学先(高校や大学)の選択肢は、都会よりも少な目だと思います。

スポンサーリンク

コメント